NEWS/PRESSRELEASE

大塚家具とコラボアップサイクル家具「Un-TIQUE NEWTIQUE」

アンティークではないからこそ、
クリエイターのアイディアでアンティークに挑戦

 

 

家具リユース市場の創出と活性化に向けて、同事業を本格始動した株式会社大塚家具。買い取り・下取りキャンペーンを通じて集まった家具を、REBIRTH PROJECTのクリエイターのアイディアでさまざまな形でアップサイクルした商品ラインナップ「Un-TIQUE NEWTIQUE(アン・ティーク ニューティーク)」を開発しました。

まず桐ダンスや座卓などの和家具に着目。ライフスタイルの変化によって使われ方に変革が必要であると判断し、座卓にはアイアンの脚を、桐ダンスは立方体のフレームをつけることで、テーブルや飾り棚に転換し、和の要素をモダンに転換しました。

続いて、いい味のエイジングを経た家具には、さまざまな背景を持った生地の替えでアレンジ。ジーンズメーカー、エドウインの厳しい検査基準からイレギュラー品とされてしまった「503」などの型落ちデニムを株式会社TAOS協力のもと、パッチワークにしたチェアを制作しました。カスタマーに使いこまれることで、新しいヴィンテージテイストになっていくことが狙いです。パッチワークについては、インテリアテキスタイルディーラーの株式会社ニートから提供された型落ちカーテンカタログをリメイクした、マルチカラーシリーズも制作。

さらにレザーは害獣として駆除された鹿革の利活用を目指し、やわらかなヌメ革をあしらい、飴色に変化していく過程を楽しんでもらいます。

形が異なる上質の木製家具を同じ色に塗装することで、形をより際立たせ、さらにコーディネイトしやすくしたシリーズや、端材をグラフィカルに組み合わせ合板にしたり引き物にして、リユース家具と組み合わせるなどといったシリーズも登場。

ブランド名「Un-TIQUE NEWTIQUE」には「アンティークではないからこそ、新しいアンティークにチャレンジする」という想いが込められ、いずれも新しいものと古いものを組み合わせ、これまでの経年の変化を楽しみならが、ストーリー性の高い家具との、さらなる関係を深めていけるようなインテリアのあり方を提案していきます。

今後はアライアンスNEW RECYCLEとして、大塚家具が取り組む「信頼できるリユース市場の創造を通じて、価値があるにも関わらず廃棄されている家具を使い継ぎ、天然資源と環境の保全に大きく貢献できるだけでなく、家庭内で有効利用されていない良質な家具を再び市場に戻し、次のオーナーへと届ける架け橋となり、大量生産・大量廃棄のファスト・ファニチャーとは異なる新たな選択肢を提供すること」を共に目指していきます。

 

株式会社大塚家具について
1969年の創業以来、総合インテリア企業として、お客様により豊かな住空間を提供することを使命に、世界中の優れた商品を、リーズナブルな価格で充実したサービスとともに提供することに注力してきました。昨年、お客様とともに考え、ともに新しい暮らしを創造することを目指し、企業ブランドロゴとともに企業スローガンを「幸せをレイアウトしよう。」に一新。お客様の住まうことに関わる様々な悩みにお応えする「ソリューション提案企業」として様々なサービスを提供しています。一昨年10月には、「リンテリア株式会社」を設立。昨年9月よりリユース事業を本格展開し、良質な家具のリユース市場を確立する新たな取り組みを始めました。

NEW RECYCLEについて
これまでリバースプロジェクトでは、1964年に考案された三角形のメビウスを基本としてきたリサイクルマークが、時代やリサイクル環境の変化、さらにリサイクル技術の向上によって、進化すべきだという仮説のもと、新たなる「NEW RECYCLE MARK」の提案をアート展での作品発表を通じて行ってきました。その経験をもとに、新しいリサイクルのあり方を、リサイクルや再資源化に携わるさまざまな領域の方々と共に提案していくことで実現しようと、リサイクルの文化啓蒙や市場の拡大を狙った協業体制であるアライアンスを設立。今後参画企業・団体と連携しながら、「リサイクルの価値向上」と「リサイクルビジネスの活性化」をミッションに活動していきます。その第一号パートナーとして、これまで「長く安心して使える品質のよい家具」を提供してきた大塚家具が参画。今後大塚家具との協業を通じて、丁寧に使い繋がれていく家具やモノに囲まれる暮らしの提案を行っていきます。

エドウインについて
1960年代に誕生して以来、理想のデニムをつくるために、糸から染色、織り、縫製、フィット、ウォッシュ加工まで、すべてのジーンズを形作る工程に独自の理念と基準をもうけて、徹底したものづくりを行って来たジーンズメーカー。革新的な加工を世界に先駆けて実施するなど、熟練した技術と細やかな感性から生み出されるアイテムはファッション性と機能性を兼ね備え、多くのファンを生み出しています。すべての商品のケアラベルにコードナンバーが記載し、「とこで」「だれが」「いつ」つくったのかが明らかになるトレーサブルな商品管理を実施、環境や安全性に配慮したものづくりの面でもリーディングカンパニーとして高い評価を受ける企業のひとつです。厳しい検査基準でイレギュラー品となったジーンズを集め、リメイクカンパニーのTAOS協力のもと、パッチワークにアレンジ。エドウインを象徴する「W」の文字の入ったポケットも活かしたデザインに落とし込みます。

株式会社TAOSについて
国内では珍しいヴィンテージ古着のリメイク加工専門工場(渋谷区恵比寿)。主にサイズやコンディションやデザイン面が理由でアパレル市場に供給できない欧米古着と生産過程で必ず生まれる残布などを徹底活用。“存在感”ある経年変化した古着特有のプリントや柄や絶妙な素材感を生かしながらパッチワーク手法を用いて仕上げられる“アップサイクル”を提唱するリサイクルテキスタイルブランド「U.C.TILE FABRICS」を展開。そこから高いファッション性と唯一無二のスタイルを兼ね備えたアイテムを生み出すプロダクトラインを展開中。

DESIGNER:NAOKI HIRAKOSO, TAKASHI UENO, KAZUKI OKAI
MOVIE DIRECTER: SOSHI NAKAMURA
DIRECTER:YUSAKU SEKINE
PRODUCER: MARICA NIIRO

 


 

松下村塾リバースプロジェクト オンラインサロン開催!!
~2月中旬より会員募集開始~

 

アイキャッチ画像

 

松下村塾リバースプロジェクト オンラインサロンは、DMMラウンジの持つプラットフォームサービスを利用した、会員限定の有料FBグループコミュニティです。

 

「自己のやるべきことを見据え行動に起こす」そのような人材が集まり、共に学びあい、社会が内包する課題を解決していくプロジェクトを、共創できるプラットフォームを作っていきます。

 

サロンの会費の一部は、このプラットフォームから新しく生まれるプロジェクトに投資されます。また今後は、サロン会員が有志でプロジェクトメンバーとして参加することができ、活躍していただくことのできる場づくりも行っていきます。

 

ご興味のある方は、是非下記URLより詳細をご一読下さいませ。

 

松下村塾リバースプロジェクト オンラインサロン

概要はこちら→https://lounge.dmm.com/detail/7/


美味しい水曜日 タイニーハウス企画第2弾 『映画「シンプライフ」小さな暮らしと大きな夢』

 

24398304131_096dac08d4_k

世界的に注目を集めているタイニーハウス。その小さな家の運動が急激に拡大しているアメリカ、西海岸での人々の暮らしを撮影。

春に公開予定の映画「シンプライフ」の背景や旅のお話をします。また現在北杜市で行われているタイニーハウス・ワークショップの様子や、今後のビジョンなどもお伝えします。

西海岸での撮影秘話や、出会った人のお話、毎月山梨県北杜市で開催中のワークショップ、ビルダーの竹内友一さんをPR BARにお招きしてお話を伺います。

ゲスト
●TREEHEADS 竹内友一さん
1974年生まれ、東京在住。タイニーハウスビルダー。
20歳で渡欧、イギリスやオランダのクリエイターの下で便利屋家業、たまに不思議な日用品を制作、発表。
8年後帰国、立体作品の制作を休止。
以降、環境学習などソフトウェアのデザイン、人と自然をつなぐ体験プログラムの制作に専念。
2008年ころから小屋の制作開始。2010年、株式会社ツリーヘッズ設立。
ツリーハウスやタイニーハウスの制作をしながら全国各地を旅している。
タイニーハウスワークショップ2014 企画運営担当。 http://www.treeheads.com/

日時:2月10日水曜日19時30分~
場所:PR BAR http://www.prbar.jp/
〒107-0061 東京都港区北青山2-12-35 タートルストーンビルB1
参加費:4000円
申し込みはコチラから
http://goo.gl/forms/9YPq97P8G4
※前日までのキャンセルはお受付いたします。
原則当日のキャンセルはキャンセル料金が発生いたします。

メニュー:
三角の天然酵母パンの鹿肉ローストサンドイッチ
猪肉のアーモンドとパプリカの煮込み
麦のマリネ
レンズ豆のスパイス炒め
白州産じゃがいものジャーマンポテト
北杜産野菜の自家製ピクルス
シーズナブルサラダ ヘンプドレッシング
※お好きなドリンクは別途キャッシュオンにてお会計となります。


■2015.11.18
11月25日19:30〜@PRBAR
美味しい水曜日
「いわて蔵ビール 志を持って醸す』蔵ビール飲み比べ  

毎日何気なく食べているものが、どこから、どのように私たちの口に入り、身になっているのか。 本当の安心、美味しさってなんだろう。そんな問いの答えを辿るように、目でみて手で触って、匂いをかいで、五感をフル活用して食の過程を楽しんでみませんか?

昨年10月に『ココノホップビールのもう』美味しい水曜日企画で株式会社ココノホップ代表采女さんにご登場いただき、ビールの夕べを実施しました。
そこにビール好きのリバースプロジェクトメンバーが集まり、采女さんにも「リバースさんもビール作ったらいいですよ。」という言葉をいただき、いわて蔵ビール代表佐藤航さんをご紹介いただき、ビール番長ホッピー岡井氏との打ち合わせ、調整を経て、NEW IPAスタイル IWATE PALE ALE『ヨイツギ』が生まれるに至りました。

今年7月にデビューした『ヨイツギ』。想いをつなぎ、酔いをつなぎ、仲間をつなぐ。というまさにそのコンセプトに相応しい、素敵な酔いを多くの方へお届けしてきました。
今回岩手より蔵ビール代表佐藤航さんにご登場いただき、蔵ビールのビールへの愛、味へのこだわり、地域に貢献することへの思いなどお聞きしたいと思います。

今回ヨイツギももちろんご用意しますが、オイスタースタウト、山椒エール、自然発酵ビール、ハマユリ酵母ビールなど蔵ビールの特徴あるクラフトビールの飲み比べも実施します。
美味しいビールに合わせてご用意する料理は芋煮のような大きな釜で参加者みんなと作る岩手短角和牛の『すき焼き』。その他蔵ビールに合わせた鹿のソーセージや東北在来野菜のお惣菜など。
そして最後に『餅』を料理の〆にご用意します。佐藤社長のお母様は長年岩手の食文化の一つでもあるお餅の普及活動に力を入れていらっしゃいます。

いわて蔵ビール:http://blog.sekinoichi.co.jp/archives/2367/
いわて蔵ビールは、平成7年、地元企業5社で岩手のクラフトビールブランドとして立ち上がりました。世嬉の一酒造の酒造りの技と、醸造士の新たな知識と技術により生まれました。蔵ビールは、大手ビールメーカーのビールと違い、室温で活発に発酵させることによって風味豊かでビタミン等微量栄養素の富むビールを醸造し、その風味や栄養素を損なわないよう、ろ過、殺菌を一切行っておりません。元々精米蔵だった石蔵で、岩手の食材や地域文化をビール醸造に活かすことで新たなクラフトビールの提案しております。

<ゲストプロフィール>
佐藤航さん
いわて蔵ビール:http://www.sekinoichi.co.jp/beer/
岩手県一関生まれ 日本大学在学中にオーストラリアに留学し、ヒッチハイクなど自由に過ごす。日本大学農獣医学部応用生物科学課卒業後、大手コンサルに入社、平成13年に退社後、郷里で家業でもある世嬉の一酒造株式会社に入社し、醸造長の後藤孝紀氏とのタッグで。「ビールで人を幸せにする。」「岩手の人が誇れるビールにする。」という志をもって、新しいビール醸造を常に追及しています。

岡井一貴さん
REBIRTH PROJECT プロデューサー
舞台監督・音楽プロダクション代表を経てリバースプロジェクトと出会い現在にいたる。エシカル・エコなどのワードが自然に広がるようなプロジェクト活動をおこなっている。

主宰、料理人新納平太
PEACEDELI
REBIRTH PROJECT CATERING
2000年よりコミュニティカフェイベントBeGood Caféに参加。その後フードチームリーダーとなり愛知万博、各種環境型イベント等でのレストラン運営を担当。2011年より国分寺CafeSlowフードディレクター。アースデイ東京ニコルズフォレストキッチンやフジロックフェスティバルNGOビレッジThe ATOMIC CAFÉなどのフードディレクションを手がける。現在はカフェスローコミュニティ内でオーガニックフードケータリングPEACEDELI主宰:http://peacedeli.com/

日時:11月25日水曜日19時30分~
場所:PR BAR http://www.prbar.jp/

〒107-0061 東京都港区北青山2-12-35 タートルストーンビルB1参加費:3500円
申し込みはコチラから
http://goo.gl/forms/ApImmUB8J3
※前日までのキャンセルはお受付いたします。

原則当日のキャンセルはキャンセル料金が発生いたします。
メニュー:

岩手短角和牛と厳選素材のすき焼き

鹿肉ソーセージ
岩手コズミックシードの在来野菜のデリ数種

※お好きなドリンクは別途キャッシュオンにてお会計となります。


■2015.11.09
11月18日19:30〜@PRBAR
美味しい水曜日
『エシカルのこれまで、エシカルのこれから』  

毎日何気なく食べているものが、どこから、どのように私たちの口に入り身になっているのか。本当の安心、美味しさってなんだろう。そんな問いの答えを辿るように、目でみて手で触って、匂いをかいで五感をフル活用して食の過程を楽しんでみませんか?

今回はエシカルをテーマにさまざまな角度でプロジェクトを推進している女性たちをゲストにお迎えします。
ものづくりの視点からと、消費者の視点からとそれぞれの立ち場から”エシカルについて考えていること”
”これからのエシカルってどうなるんだろう”
未来型の消費ってどんな姿だろうね、子どもたちに残す社会ってこうありたいねと楽しく未来を描きながら話し合います。

美味しい水曜日らしく、エシカルファッションのみでなく、種からこだわった野菜、規格外野菜を使った加工品、野生獣肉を使った「エシカルフード」もご用意します。
どうぞお楽しみに。

 

<ゲストプロフィール>
末吉里花さん
エシカル協会代表理事
TBS系『世界ふしぎ発見!』のミステリーハンターほか、オーガニック・コンシェルジュ、オーガニックライフスタイリストの資格を生かし、司会やレポーターもこなす。著者に、『祈る子どもたち』(太田出版)。フェアトレードや環境問題に取り組む活動も積極的に行う。2012年より1% for the Planetアンバサダーに就任。2014年People Treeアンバサダー就任。雑誌「SOLAR JOURNAL」にて『Rikannection』連載中。日本エシカル推進協議会メンバー。消費者庁「倫理的消費調査研究会」委員。
http://ethicaljapan.org/

阿部佐保子さん
某総合商社事務職
新卒で某総合商社繊維部門に入社、現在に至る生粋のOL。
2003年に繊維商品戦略室に配属、とうもろこし繊維の開発に携わってから、オーガニックコットンや環境にやさしい繊維商材の開発を担当することに。現在はREBIRTH PROJECTと共に全日本制服委員会をスタートさせた、事務職でありながら不思議なポジションで働く人。
http://japanuniform.org/top/

ファシリテーター 新納麻理佳:REBIRTH PROJECT HATCH YOU チーフプロデューサー。
出版社にてラグジュアリーマガジンの編集者として勤務後、独立。2012年よりREBIRTH PROJECTに参画。衣食住の衣の部門である<HATCH YOU>のプロデューサーとして、エシカルな制服の普及促進を目指す全日本制服委員会などをプロデュース。
https://www.rebirth-project.jp/hatch-you/

主宰、料理人新納平太
PEACEDELI REBIRTH PROJECT CATERING
2000年よりコミュニティカフェイベントBeGood Caféに参加。その後フードチームリーダーとなり愛知万博、各種環境型イベント等でのレストラン運営を担当。2011年より国分寺CafeSlowフードディレクター。アースデイ東京ニコルズフォレストキッチンやフジロックフェスティバルNGOビレッジThe ATOMIC CAFÉなどのフードディレクションを手がける。現在はカフェスローコミュニティ内でオーガニックフードケータリングPEACEDELI主宰
http://peacedeli.com/

日時:11月18日水曜日 19時30分~
入場料:3300円
場所:PR BAR
http://www.prbar.jp/
住所:東京都港区北青山2-12-35 タートルストーン青山ビルB1 最寄り駅:外苑前駅「3番出口」より徒歩5分
電話番号:03-6434-5727

お申し込みはこちらからhttp://goo.gl/forms/PD0tp9prLt

メニュー(素材に一部変更がある場合がございます。)
愛媛の規格外フルーツとフレッシュグリーンのサラダ 15種の素材のカクテルドレッシング
規格外トマトを使ったホールトマトのミネストローネ
神崎在来大豆のお豆腐のカッテージチーズ風カナッペ
在来種野菜のサワーマリネ
南伊豆のイノシシ肉のバルサミコ煮
岡山県美作産鹿肉のミートソースのパスタ

※お好きなドリンクは別途キャッシュオンにてお会計となります。また当日はPRBARバーテンダー宇塚氏によりオリジナルカクテルをメニューもご用意いたします。

ethical

 


 

■2015.11.09
11月11日19:30〜@PRBAR
美味しい水曜日
『世界の女性たちの健康のためにアクションを! WHITE RIBBON NIGHT』 

 

毎日何気なく食べているものが、どこから、どのように私たちの口に入り身になっているのか。本当の安心、美味しさってなんだろう。そんな問いの答えを辿るように、目でみて手で触って、匂いをかいで五感をフル活用して食の過程を楽しんでみませんか?

世界では1日あたり800人の女性が
妊娠・出産・中絶が原因で命を落としています。
この現実をより多くの人に知ってもらうため、
国際女性デー(毎年3月8日)直前の2016年3月6日(日)に、
「WHITE RIBBON RUN 2016」と題し、
チャリティ・ファンラン大会を開催します。
『WHITE RIBBON RUN』特設サイト
http://wrun.jp

半年後に行われるこのイベントに向けての思いや、
実際の支援活動の内容、私たち市民ができることについて、
主催者である国際協力NGOジョイセフ
市民社会連携グループディレクターの小野美智代さんと、
女性のランイベントを開催・成功させてきた
一般社団法人ランガール理事の影山桐子さんをお迎えし、
女性、健康、ファッション、社会貢献、エンパワメントを
キーワードに語り合っていただきます。
当日は料理にジョイセフの支援国
ザンビア、ネパール、タンザニア等のオーガニックな素材を厳選して
メニュー化したワンプレートをご用意いたします。

■国際協力NGOジョイセフ(公益財団法人)
Japanese Organization for International Cooperation in Family Planning
途上国の妊産婦と女性の命と健康を守るために活動している、日本生まれの国際協力 NGOです。戦後の日本が実践してきた家族 計画・母子保健の分野での経験やノウハウを途上国に移転し てほしいとい う国際的な要望を受け、1968年に設立されました。 国連、国際機関、現地NGOや地域 住民と連携し、アジア、アフリカ、中南米で、保健分野の人材育成、物資支援、プロジェクトを通して 支援を行っています。 東日本大震災発生後は、東北の女性・妊産婦を対象にした支援も実施しています。
http://www.joicfp.or.jp/
2016年国際女性デーから始まる女性のためのアクション
「WHITE RIBBON RUN」近日WEBサイトオープンします!!

■一般社団法人ランガール(RunGirl)
「走る女性のパワーで毎日を豊かに」をキーワードに、走る女性ならではの視点を活かし、生活を豊かにする様々なアイディアをかたちにしていく企画集団として2010年2月に発足、同年6月、一般社団法人ランガール(RunGirl)を設立しました。2010年9月には、女子による女子のためのラン祭り、ランガール★ナイトを開催。以来6年間、大会運営を行うほか、商品企画やイベントプロデュース、他のマラソン大会へのアドバイスなどを行ってきました。
http://rungirl.jp/about/

<ゲストプロフィール>
小野美智代さん
富士市生まれ。三島市在住。
ジョイセフ(公益財団法人)の市民社会連携グループディレクター。三島市発の女性の健康美支援団体HiPsの代表。
1998年より社会人学生をしながら、ジェンダー啓発・研究機関(ジェンダーフォーラム)の設立や行政の男女共同参画条例づくりに携わる。2003年よりジョイセフ勤務。広報・ブランディングを担当。スーパーモデルの冨永愛らと共に、民間企業や女性誌とタイアップして、ファッションショーや音楽ライブを展開するMODE for Charityや、電通ギャルラボと共同でチャリティーピンキーリング(4年間で11万個完売)プロディースなど日本の女性に共感を生む企画を展開中。静岡県立大学看護学部非常勤講師、ランニングアドバイザー、誕生学(R)アドバイザー、グローバルママネットワークコアメンバー。7才と1才の娘と同い年の夫の4人家族。

影山桐子さん
フリーエディター、一般社団法人ランガール理事
WEBデザイナーを経て、1998年よりアシェットフィリパッキジャパン(現ハースト婦人画報社)入社。ELLE onlineの編集を行う。2007年よりフリーのエディターとして雑誌やWEBの編集・ライティング、WEBサイトのリニューアル等を手がける。エル・オンライン在籍中よりスタートしたランニング好きが高じて、2010年2月、ファッション、メディア業界のランニング仲間が集まり、ランガール★ナイト作りがスタート。同年6月一般社団法人ランガール創立。大会づくりの他、商品開発やイベント等の企画プロデュースを行う。2012年より2年間、雑誌『DRESS』編集部にて雑誌編集、WEB編集、イベント企画運営、読者組織の運営などを行う。現在はフリーで@cosmeの新メディア立ち上げ等のプロジェクトにも携わる。プライベートでも、山ごはん部、駅伝部、手芸部、お菓子作り部などを主宰している。

日時:11月11日水曜日 19時30分~
入場料:3500円
場所:PR BAR  http://www.prbar.jp/
住所:東京都港区北青山2-12-35 タートルストーン青山ビルB1
最寄り駅:外苑前駅「3番出口」より徒歩5分
電話番号:03-6434-5727
メニュー(素材に一部変更がある場合がございます。)
バオバブソースのフルーツとフレッシュグリーンのサラダ
トンカベジチキンカレー(インドからザンビアに伝わったチキンメインでネパリバザーロのスパイスを使ったカレー)
ザンジバル風コロッケ
オクラとピーナッツと色々ビーンのマリネ
サツマイモの葉かけライス
※お好きなドリンクは別途キャッシュオンにてお会計となります。また当日はPRBARバーテンダー宇塚氏によりオリジナルカクテルをメニューもご用意いたします。 whiteribbon

 


 

■2014.08.07
表参道ヒルズにて期間限定ショップを開催
RUBBER KILLERとのコラボショップ「POP UP CYCLE STORE」

 

表参道ヒルズにて、RUBBER KILLER とコラボの期間限定ショップ、
「POP UP CYCLE STORE(ポップ アップサイクル ストア)」がオープンしました。

RUBBER KILLERは廃棄となったタイヤのインナーチューブを再利用し、
全行程をハンドメイドで製造するアップサイクルブランド。
http://www.rubberkiller.jp/

REBIRTH PROJECTからはLee BIRTH 4th「fiction」シリーズとD-LIVEシリーズなどを販売中です。
今回特別にD-LIVE プロジェクトのコラボウォレットも誕生。

場  所:表参道ヒルズ B1
東京都渋谷区神宮前4-12-10
http://www.omotesandohills.com/access/
日  程: 2014年8月4日(月)~8月31日(日)
休館日 8月18日(月)
営業時間: 11:00 – 21:00
日曜日のみ20:00まで

 


 

■2014.07.20
春華堂nicoe キッズスペース“playground082(プレイグラウンドおやつ)”
天竜杉の間伐材を利用した子どもの知育空間をデザイン

 

うなぎパイで知られる春華堂が、長年培ってきた職人の手わざや手づくりの伝統を生かしながら、お菓子の新しい文化とスタイルを日本中に発信していく提案型のスイーツ・コミュニティ施設「nicoe」を設立。

 

浜北(静岡県)の新名所として、子どもから大人まで、訪れるすべてのお客様の心を満たしながら、お菓子のある心豊かな暮らしと浜松のさらなる発展を目指しています。

 

そのなかに、子どもたちのためのキッズルームをREBIRTHPROJECTが担当。地場の木材をふんだんに用いた大人も子どもも楽しめる知育空間をデザイン提案しました。小さな入り口のガリバートンネルをくぐると、音とヒカリが動きに反応して交錯する鍵盤アソビ。

 

くぐり抜けた先には地元天竜杉の間伐材を利用した、おおきな知育玩具で遊べる空間が広がります。府中箪笥の仕組みを利用した引き出しや、和菓子の道具をモチーフにしたパズルなど、まるで秘密基地のようなワクワク感を演出します。
完成後に地場林業の協力の元、子ども達と地場の森について学ぶ伐採ワークショップも開催しました。

Designer
Mamoru Nitou(Leif Deign Park)

Art Director
Akira Fujimoto(DGN)

Degital Director
Takashi Fujimoto(DGN)

Producer
Takashi Ueno(Leif Deign Park)

◆nicoe http://www.nicoe.jp
◆有限会社春華堂 http://www.shunkado.co.jp/

 


 

■2014.07.13
MIYAGI POKERUN

 

イベント全体
開催期間: 2014年7月30日(水)~8月3日(日)
場  所: 宮城県内
内  容: 宮城県内全域に設定する約50ヵ所のチェックポイントのうち5ヵ所以上をクルマ、バイク、
自転車、公共交通機関などで回遊しカードを集めていくスタンプラリー形式のイベント。
最終日には、収集したカードを使ったゲームやライブイベントを開催します。

音楽イベント(最終日)
日  時: 2014年8月3日(日) OPEN 9:00 – CLOSE 20:00
場  所: スポーツランドSUGO SP広場 (宮城県柴田郡村田町菅生6−1)
詳  細: http://tifa.or.jp/pokerun/festival/

【news release】(pdf)

 


 

■2014.07.07
VERY 8月号に掲載されました。

 

堀潤さんが聞く「区切りなき支援のカタチ」guest 伊勢谷友介 全2ページ。
リバースプロジェクトが震災直後に行った支援活動から、今年の取組みの一つMIYAGI POKERUNのことまで、 代表 伊勢谷友介の言葉で語られています。

3A-VE08.H1.ZPAGE1.ps A3300A79-D588-4D7E-952A-000DEBAD1101


 

■2014.07.01
Fine 8月号に掲載されました。

 

「ナチュラルに生きる、憧れのオトコたち!」
トップスは VIRI-DARI deserta のオーガニックコットンTシャツ、
ボトムスはパイドパイパー リバースプロジェクト(PPRP)のリサイクルナイロンパンツ。

CC58CFAA-7682-4D91-A589-41B4F63899C8 9FBBF3E3-4524-4331-B52E-43ECC4D8712E


 

■2014.06.27
OPENERS BLOG
「全日本制服委員会 第二弾はヤマト運輸が手掛ける虎ノ門ヒルズの館内配送スタッフの制服をプロデュース!」

 

ホテル「アンダーズ東京」を始め、世界基準のハイスペックなテナントが入り2014年6月11日にオープンした虎ノ門ヒルズ
そこで館内物流を支えているのがヤマト運輸の館内配送スタッフ。そのスタッフユニフォームを、リバースプロジェクト全日本制服委員会がプロデュースしました。

OPENERS BLOG

 

 

8C6D59D7-EBB9-4974-91A3-C31C92D3354E 1F0C0EBF-C8C8-4F38-A83E-758803014D27
©西山和希
モデル:宍戸小百合&Vista


 

■2014.06.23
朝日新聞デジタル「&W」 時代を超える器“ TIME MACHINE ” ep.2

 

様々な時代の柄や当時の技法を現代の技法で生まれ変わらせた有田焼の新シリーズ
“TIME MACHINE”についての連載。

 

「倒産から生まれた有田焼の進化形」

 

 

C6D21AC9-F8C0-4BB2-90D3-AFA6944BBAD4 B7D1D9E5-1AC6-415A-A3A5-9CC9386C2386
(有田製窯提供)


 

■2014.06.16
朝日新聞デジタル「&W」 時代を超える器“ TIME MACHINE ” ep.1

 

様々な時代の柄や当時の技法を現代の技法で生まれ変わらせた有田焼の新シリーズ
“TIME MACHINE”についての連載が始まりました。

 

「柄のリミックスで生まれ変わった有田焼」

 

 

82D576C5-3139-491E-870B-FD07DEBAA4F6 40337D6A-962C-4FB8-A90B-84BB89CD7E94


 

■2014.06.11
colocal 連載 vol.7「エコビレッジ実現へCGLが大切にする「過程」 後編」

 

エコビレッジへの市民参加を後押しするために、南砺市で開催されたCGL主催による合意形成ワークショップ。
南砺市長と伊勢谷友介が考えるエコビレッジの姿とは。対談後編。

 

NANTO CITY × REBIRTH PROJECT vol.7「エコビレッジ実現へCGLが大切にする「過程」 後編」

 

 

0F70B03F-BB8C-41F4-A124-936B49220110


 

■2014.06.10
リサイクル・リユース市場を読み解く業界唯一の経営専門誌「リサイクル通信」に掲載されました。

 

デニムのデッドストックを蘇らせた「Lee BIRTH」、ターポリン(横断幕)やエアバッグを素材として活用している「D-LIVE(ドライブ)」等の商品の制作背景や、 ファッションデザイナーが集まったエアバッグ基布説明会(東京ファッションデザイナー協議会主催)の様子等が紹介されました(2014年6月10日第345号20面)。

EF4ABAC0-E0FA-4F6D-A14A-C5AB5B41CD18


 

■2014.05.29
colocal 連載 vol.6「エコビレッジ実現へCGLが大切にする「過程」 前編」

 

リバースプロジェクトの取り組みのひとつ、クラウドガバメントラボ(CGL)。
誰かに任せる民主主義から、参加型民主主義への転換を目指す活動の一環として、
南砺市でのエコビレッジ構想に協力している。
その南砺市長と伊勢谷友介が考えるエコビレッジの姿とは。対談前編。

 

NANTO CITY × REBIRTH PROJECT vol.6「エコビレッジ実現へCGLが大切にする「過程」 前編」

 

 

E0F47339-6071-4B98-A2CD-56C1CFA8C15F


 

■2014.05.27
OPENERS BLOG 「T in Art『旅は自分を映す鏡である。』」

 

世界最大のラグジュアリートラベルリテーラーのリニューアルオープン記念オブジェ。
この作品に込めた想いやコンセプト、伊勢谷友介の旅に対する考え方やスタイルを紹介しています。

 

OPENERS BLOG

 

 

9538CD3B-683B-4BCB-8167-D95C4820569A
©SUZU


 

■2014.05.26
「GAZOO.com」に掲載されました。

 

「『もっとたのしい!』カーライフを」とトヨタが提供しているWebマガジン「GAZOO.com」
オシャレなカバンの材料は、未使用のエアバッグ!?

F68756A7-998E-4A1E-A32D-055D690CC820


 

■2014.05.24
UOMO 7月号に掲載されました。

 

伊勢谷友介 夏の旅支度」全6ページ。
旅行時に活躍するアイテムとして、D-LIVE PROJECT「フラットポーチセット」「ペットボトル保冷ケース」が紹介されています。
夏の旅に持っていきたい白Tシャツ「東北コットンプロジェクトMainStreamTシャツ」もバッグに納まっています。

F7632C54-2C67-4F5C-8332-F345D162BEE3 EEE238CE-8AFB-4620-AFB1-571B7454A3C1


 

■2014.05.22
colocal 連載 vol.5「のみだけで仕上げる井波彫刻の技術力を活かして 後編」

 

伝統彫刻の先を見据え、現代的プロダクトに融合する。
南砺とのコラボ彫刻をデザインしたリバースプロジェクト平社直樹と、
それを形にする彫刻師が「ものづくりに関わる人間」として生み出したものとは…。

 

NANTO CITY × REBIRTH PROJECT vol.5「のみだけで仕上げる井波彫刻の技術力を活かして 後編」

 

 

F9B1BADC-41B2-4E80-A2E5-D6FFBD23FB27


 

■2014.05.12
colocal 連載 vol.4「のみだけで仕上げる井波彫刻の技術力を活かして 前編」

 

木彫で有名な富山県南砺市の井波。加賀藩が京都から宮大工を呼び寄せたことが井波彫刻の礎となり、現代まで職人に受け継がれている。
200本の“のみ”を使いわけて生み出される伝統的技術とは。

 

NANTO CITY × REBIRTH PROJECT vol.4「のみだけで仕上げる井波彫刻の技術力を活かして 前編」

 

 

news_20140522


 

■2014.05.12
「D-LIVE PROJECT(ドライブプロジェクト)」第3弾スペシャルエディション

 

【news release】(pdf)

 

 


 

■2014.05.04
Lee BIRTH 4th seasonリリース&記念イベント開催

 

デッドストックのデニム生地を新しい洋服に蘇らせるためにLee Japan株式会社と企画・展開している 『 Lee BIRTH PROJECT』 の第4弾シリーズを、ラフォーレミュージアムにて開催される”Lee”ブランド創立125年を記念した展覧会 「リー125th アーカイブ エキシビション(Lee “125years Celebration” Archive Exhibition)」 にて発表、同じくラフォーレ原宿3階のLee SHOPにて発売します。 また、同展覧会のアーカイブの一つとして、株式会社ワールドが展開するメンズブランド「TAKEO KIKUCHI (タケオキクチ)」と「Lee BIRTH PROJECT」とが2013年にコラボしたデニムジャケットとパンツもスピンアウト企画として展示されます。 イベント最終日の5月11日(日)には、代表・伊勢谷友介も参加してのトークショーを開催。ぜひお越しください。

 

展示販売場所・時期について
リー 125th アーカイブ エキシビション(入場無料)
会 期:5月9日(金)〜11日(日)
時  間:11:00〜17:00(最終入場 16:30)
展示場所:ラフォーレミュージアム(東京都渋谷区神宮前1-11-6 ラフォーレ原宿6F)
販売場所:ラフォーレ原宿 3F Lee直営店

【news release】(pdf)

 

トークショー
日 時:5月11日(日)13:00〜
場 所:ラフォーレミュージアム(東京都渋谷区神宮前1-11-6 ラフォーレ原宿6F)
登 壇:伊勢谷友介・藤元明(株式会社リバースプロジェクト)
細川秀和(Lee Japan 株式会社取締役)、菊池武夫(デザイナー)

【news release】(pdf)

 

 

 


 

■2014.05.03
お米でできたiPhone ケース発売リバースプロジェクトオリジナル「RICE475」モデル

 

【news release】(pdf)

 

 


 

■2014.04.30
有田焼 “TIME MACHINE”

 

【news release】(pdf)

 

 


 

■2014.4.28
伊勢丹新宿店にてポップアップショップ開催

 

伊勢丹新宿店にて毎年開催されている、地球とともにある豊かな暮らしが
コンセプトのキャンペーン「GLOBAL GREEN」にて、
期間限定ポップアップショップを開催します。
様々な時代の柄や当時の技法を現代の技法で生まれ変わらせた
有田焼の新シリーズ“TIME MACHINE”、
建築界でも名高く注目も高い建築ユニットgh/eとコラボした
スペシャルエディションのD-LIVE PROJECT3rd等の新作を発売します。

 

場  所:伊勢丹新宿5F和食器プロモーション「FUTURE RETRO LAB」(東京都新宿区新宿3-14-1)
開催期間:2014年5月12日(月)~5月20日(火)
営業時間:10:00~20:30

 

トークショー:5月17日(土) 14:00~15:00
登  壇:龜石太夏匡(REBIRTH PROJECT共同代表 )
藤元明(同 Creative Chief Officer)

 

 


 

■2014.4.24
T Galleria Exhibition 〜Wish you were here〜

 

Tをモチーフにしたアート作品「T in Art」を展示します。

 

《東京》
期間:4月24日(木)〜26日(土)
場所:東京ミッドタウン1Fのイベントスペース アトリウム

《沖縄》
期間:2014年4月25日18時〜 ※終了期間未定
会場: DFSギャラリア 沖縄店

作品名:T in Art 「旅は自分を映す鏡である。」
制 作:REBIRTH PROJECT
ディレクション:上野卓史
デザイン:本多恵三郎
監 修:伊勢谷友介

 

news_2014042401

 


 

■2014.4.23
REBIRTH PROJECTの商品を大丸神戸店にて販売中!

 

made in JAPANのエシカルな商品を取り揃えた
大丸神戸店の「JAPAN LOOP PROJECT」にて、
PPRP(アパレル)、D-LIVE PROJECT(バッグ)、LeeBIRTH(デニム)等を
販売しています。
皆様のご来場を心よりお待ちしております。

 

場所:大丸神戸店(神戸市中央区明石町40番地)
6F:紳士洋品売場 4月23日(水)~5月13日(火)MENS
1F:メインステージ横特設会場 5月7日(水)~13日(火) WOMENS

 


 

■2014.04.21
メンバー及びインターン募集のお知らせ

 

アシスタントプロデューサー・アシスタントディレクター・インターンの募集を開始しました。

採用ページ

 

news_2014041701

 


 

■2014.04.17
colocal 連載 vol.3「原料から育てる五箇山和紙とのコラボレーション 後編」

 

伝統産業「五箇山和紙」を作る3つの工房と組んで生み出した商品。
南砺市の風土から発想を得て、和紙職人とともに作った商品の開発ストーリーとは。

NANTO CITY × REBIRTH PROJECT vol.3「原料から育てる五箇山和紙とのコラボレーション 後編」

 

news_2014041701

 


 

■2014.04.12
LaLa Beginに掲載されました。

 

4月12日発売の『Begin』の姉妹版『LaLa Begin』にて、REBIRTH PROJECTがセレクトしたエシカルアイテムを紹介する「エシカルなモノ選び」ページが登場。
今回は東北コットンプロジェクトを取り上げました。

 

news_2014041201_2 news_2014041202_2

 


 

■2014.04.11
colocal 連載 vol.2「原料から育てる五箇山和紙とのコラボレーション 前編」

 

かつて加賀藩に献上していた五箇山和紙。伝統技術によって年月を経ても黄ばまないため、現在は桂離宮や名古屋城などの文化財の修復に使われている。紙を白くするその技法とは。

NANTO CITY × REBIRTH PROJECT vol.2「原料から育てる五箇山和紙とのコラボレーション 前編」

 

news_2014041203

 


 

■2014.04.06
カクト エンタテインメント公式サイトがオープン

 

リバースプロジェクトの俳優セクション【カクト エンタテインメント】の公式サイトがオープンしました。

KAKUTO

 


 

■2014.03.31
colocal 連載 vol.1「南砺市のこと」

 

信仰と芸術によって文化が形成されてきた富山県南砺市。リバースプロジェクトがこの地に清新の気を吹き込む様を連載していきます。

NANTO CITY × REBIRTH PROJECT vol.1「南砺市のこと」

 

news_2014033101

 


 

■2014.03.24
OPENERS BLOG「MENERGY PROJECT!」

 

使い古したタオルの「綿」を「エネルギー」に変える「MENERGY PROJECT」、伊勢谷友介がお世話になっているスタイリストShinYaさん愛用のタオルとは…。

OPENERS BLOG

 

news_2014032401

 


 

■2014.03.24
UOMO 5月号に掲載されました。

 

「伊勢谷友介、日常のクリエイティブ」全8ページ。
リバースプロジェクトの活動理念とGUCCIのブランド理念について、昨年GUCCIとコラボした取組みについて触れながら語ったインタビューも写真とともに掲載。

 

news_2014033101_2

 


 

■2014.3.20
事業譲渡のお知らせ

 

【news release】(pdf)

 


 

■2014.03.18
セヴァンさんの語る「100年先の未来のためのものづくり」

 

「貝印 × colocal ものづくりビジネスの未来モデルを訪ねて。」vol.43
Part1:地球サミット「伝説のスピーチ」の少女としてご存知の方も多いセヴァン・スズキさんが来日。「100年先の未来のためのものづくり」について伊勢谷友介が彼女をインタビュー。
Part2:エンゼルケアのものづくり

セヴァンさんの語る「100年先の未来のためのものづくり」Part1
セヴァンさんの語る「100年先の未来のためのものづくり」Part2

 

news_2014031801

撮影:SUZU

 


 

■2014.02.27
25ans 4月号に掲載されました。

スペシャルコラム「リバースプロジェクト代表・伊勢谷友介が語るーブランドとアートの共通点」全1ページ。
過去にコラボしたBMWやGUCCIとのエピソードを交えながら、ブランドやアートが社会へ訴えかけることの意義について語ったコラム。

 

news_2014033102_2

 


 

■2014.02.10
Gainer 3月号に掲載されました。

「Ethical 伊勢谷友介も注目の”未来に繋がる”服」全6ページ。
オーガニック、リサイクル、削減(リデュース)、フェアトレードという4つの切り口で素材を分類し、それぞれの分野で注目したいエシカルファッションアイテムを紹介。Leeとのコラボプロジェクト「LeeBIRTH」ブランドがTAKEO KIKUCHIとコラボしたジャケット&パンツや、企業の制服をエシカル素材で製作するプロジェクト「全日本制服委員会」の第1弾の取組みも掲載されています。

2014033103

 


 

■2013.04.24
PRCAFE新設OPENのお知らせ。

【press release】PRCAFE

 


■2013.06.06
Take REBIRTH 第2弾を渋谷ヒカリエにて販売中!

REBIRTH PROJECTと萩のTAKE Create Hagi社が
コラボレートした『Take REBIRTH』。
新商品としてデザイナー平社直樹が手掛けた
竹をつかったランチョンマットや重箱が登場しました。
また会場ではTAKE Create Hagi社の竹を素材とした
家具・インテリア雑貨の展示販売。
皆様のご来場を心よりお待ちしております。

開催時期:6月6日(木)~19日(水)
開催場所:渋谷ヒカリエ ShinQs 5F クラフトビューロー
(東京都渋谷区渋谷2-21-1)

 


 

■2013.04.24
PRCAFE新設OPENのお知らせ。

【press release】PRCAFE

 


■2013.03.11
東日本大震災から2年/代表 伊勢谷友介

全ての震災犠牲者の皆様のご冥福をお祈り致します。

私達が漕ぎ出している復興の形が、いずれは未来の町、未来の日本になります。その大切な経験をした場所が、新しい地球の住み方の手本になりえるよう、今の私達が考えられる最善を尽くすときが、今なのではないかと思います。私達が犠牲者の命を無駄にしない為に、一人一人が今出来る事を…

(全文は下記よりダウンロードをお願いいたします。)

 

伊勢谷友介メッセージ全文 (.pdf)

 


■2013.03.05
MORI TRUST GARDEN TORA4/PRcafe
リバースプロジェクト、JT、北青山のPRBARとのコラボレート カフェ。 マテリアルやアトモスフェア、そして食の安全にこだ わり、HOTDOG というスタイルを自由に捉えたメニュー提供や、喫煙スペースの併設など、新たなカフェスタイルを提案します。また、内外に配置されている椅子やカウンターは廃材を再利用しています。(PR BAR 03-6434-5727 担当:椙野)

 

・コラボレート社一覧  JT 湘南ぴゅあ ベジプール ライス475 楽明観 Baygo+

 


■2013.03.02
梅津正彦氏を応援する元気玉プロジェクトが、ついに2月25日(月)より始動!
【報道関係各位】「あしたのジョー」伊勢谷友介が演じた力石徹のトレーナー、梅津正彦氏を応援する元気玉プロジェクト『女子アマチュアボクシング大会チャレンジマッチ トレーナー梅津正彦を支えたい。』が、ついに2月25日(月)より始動!

 

・プレスリリース資料 http://www.rebirth-project.jp/PDF/PR20130302.pdf

・プロジェクトページ http://motion-gallery.net/genkidama/projects/Amateur_womans_boxing


■2013.01.31
WEB RENEWALしました。