美味しい水曜日『いわて蔵ビール志を持って醸す』

今夜はビールを片手に!

テーマは『いわて蔵ビール志を持って醸す』

写真1

 

REBIRTH PROJECTと岩手蔵ビール代表佐藤航さんで共同開発し今年7月に、デビューした『ヨイツギ』や、他岩手蔵ビールを片手にビールについて語り合う会になりました。

ビールを語るにはビールを片手に!ということで乾杯の音頭から始まりました。

写真2

 

『ヨイツギ』ができたきっかけは昨年10月のおいしい水曜日!

ビール好きのREBIRTH PROJECTメンバービールを作ったらいいよ!ということでREBIRTH PROJECT岡井が代表で始まったプロジェクトなのです。

写真3

 

ヨイツギの特徴はアルコール度数が高いこと、8%のアルコール度数を誇ります。

味も日々挑戦していて現在はオイスターやパンプキン、山椒などといった風変りでありながら非常に美味しいビールが出来上がっています。

 

ビールの歴史や知識についても触れました。

ビールは元々平仮名からきている名前だそうです。

 

本日のゲストでヨイツギの開発に携わってくださった岩手蔵ビールの佐藤航さんは地元岩手の食材や地域文化をビールに落とし込むことで新たなクラフトビールを作り続けています。東日本大震災の復興の願いを込めて「福幸~ふくこう~」というビールも開発販売しています。

写真4

 

地元をPRしたいということで地元食材を使ったビールを作り続ける佐藤さん。震災後、地ビールを売ることで地元の人々の生活が支えになっていることを知り、小さい経済循環を作り出そうと決意したそうです。

 

ビールは何からでも作れると仰る佐藤さん、仲間と一緒に100種類作ろうということで今も種類は増え続けているそうです。

 

利きビールも開催して6種類のビールの中でどれが一番自分に合っているかを試してもらいました。

・三陸牡蠣のスタウト(オイスタースタウト)

三陸広田湾産牡蠣の殻と身を使用した黒ビール

・自然発酵ビール(オーガニックビール)

干し柿から酵母を採取したビール

・ジャパニーズハーブエール(山椒のビール)

日本らしいオリジナルクラフトビール

・三陸町ホヤスモークエール(ホヤのビール)

日本一の宮城県のホヤを使ったビール

・東北復興支援ビール渚咲~Nagisa~(釜石市浜ユリ酵母)

東北復興支援ビール福幸~ふくこう~

岩手名桜の木から採取し、釜石バイオテクノロジー研究所のスタッフが津波の被害を乗り越え熱い思いで復活させた石割桜の酵母。いわて蔵ビールが行っている「恩送りプロジェクト」のひとつ。

写真5

 

私も「福幸~ふくこう~」を飲みましたが今までで飲んだビールの中で一番喉にスッと通る爽やかな味わいでした。非常に美味しかったです。

 

ビールと一緒に今夜は岩手の食材を使ったすき焼きと岩手コズミックシードの在来野菜をご用意致しました。

鹿肉ソーセージもありました!さすがと言わんばかりにすき焼きはあっという間に無くなり第二陣でおもちも投入!

皆さん沢山おかわりしていました。

写真6 写真9 写真8 写真7

最後にはREBIRTH PROJECTビール番長ホッピー岡井氏が次回REBIRTH PROJECTによるビール造りの参考として今回おいしい水曜日に参加してくださった方々の趣味嗜好の投票をして今夜のビールを決めました。

写真10

 

こんなビールがあったらいいな!この食材からビールを造ってほしい!そんな思いを集めました。

 

さて、今夜のビールはというと?

森の香りのするレッドエールです!アルコールは全一致の強め!

森の香りとは雑穀や漆、コケや松といった香りです。

他に日本の果物を使ってほしいという方が非常に多くいらっしゃいました。

 

今夜のおいしい水曜日に風変りなビールを飲んでみたい方々が多かったみたいですね。

 

ビールだけでなく他の食について実際に食べながら考えていく。そんなおいしい水曜日にご参加されてはいかがでしょうか。