PIEDPIPER REBIRTH PROJECT

PIED PIPER REBIRTH PROJECT(パイド・パイパー リバースプロジェクト)

PIEDPIPER
亀石剣一郎、将也、太夏匡の三兄弟が、仲間たちと内装を手がけ、
1993年11月に渋谷の並木橋にオープンさせたセレクトショップPIED PIPER。
オリジナルブランドのほかにインポートも取り扱い、
アートとファッションを融合したハイセンスな店づくりと、
個性豊かな三兄弟のキャラクターが若い世代の圧倒的な支持を集め、
系列の『ア・ニュー・ショップ』や『シナジー』とあわせて、
当時の流行を大きくリードする超人気ショップとなった。
2001年、惜しまれつつクローズ。復活を望む声も強くあったが、以後10年間にわたって沈黙。
2011年10月、新たに”PIEDPIPER REBIRTH PROJECT”として再始動することとなった。

なぜ今、”PIEDPIPER REBIRTH PROJECT”として再始動することとなったのか?

ファッションを楽しむことは文化の成熟度の表れであり、とても大切なことだ。
昔だったら、カッコいいだけのファッションでもよかった。
少なくともこれからの時代は、それだけでは通用しない。
生粋のカッコよさに加えて、理念が必要だ。
そこには「循環」や「再生」が含まれる。 その理念をきちんとクリエイティブに落とし込むことができたら、
洋服はもっと面白くなり、これまで以上の価値を持つようになる。
近年、日本のファッション産業の基礎を支えてきた縫製工場や生地屋がどんどん弱ってきている。
ここ数年、メンズファッションシーンは、昔ほどの活気がない。
REBIRTH PROJECTが掲げている「再生」や「循環」などの概念と
日本国内の世界に誇れる技術をREBIRTH PROJECTらしい新しいモノづくりのあり方と捉え
PIED PIPER創成期から変わらない、自分たちが着たいものをつくるというスタンスを崩さずに
歳を重ねてきた大人のインテリジェンスが感じられる着こなしを表現していきたい。
これからのモノづくりとして、その裏側にどんなストーリーがあるのかが重要だ。
決して押しつけではなく、当たり前のこととして共感してもらえるように努力していきたい。
これからリリースされるアイテムは、どれもすごくオーソドックスでありながら、
どこかに必ずノイズが入る。 落ち着いて見えていても、
何かしら立ちのぼってくるスタイルを再び未来に向けて確立していきたい。

商品に関する詳細はこちら PIEDPIPER REBIRTH PROJECT WEB SITE