人類の変容とREBIRTH PROJECT展


人類の変容とREBIRTH PROJECT展 「METAMORPHOSE」-311後の未来-


コニカミノルタプラザ(東京都新宿区)ギャラリーB&Cにおいて、
“人類の変容とREBIRTH PROJECT展「METAMORPHOSE」-311後の未来-”を開催しました。(2011年9月8日〜10月3日)

2010年12月に当プラザで開催した展示「Trans-i+」の第2弾。

今回は、被災地支援活動に加え、地域活性化プロジェクト、ソーシャルメディアを用いた未来のプロジェクトを
映像で紹介すると共に、アーカイブの作品を展示。

また会期中には、「ITを使った次世代のまちづくりの在り方を語る」をテーマに、野村興兒(山口県萩市長)、谷崎テトラ、伊㔟谷友介によるトークイベントが行われました。

■コンセプト
「METAMORPHOSE(メタモルフォーゼ)」とは変容、変身、転生を意味する。
前回のTrans-i+展で試みた表現は、アートを媒介として人、モノの価値を変換させる「Transitー変化」でした。

しかし、3.11をきっかけに見た現実は、目に見える変化だけでなく、劇的な変化、突然変異的な変容、目に見えない「Metamorphosis」なのではないだろうか? という仮説をコンセプトに据えました。

■内容
「突然変異 Metamorphosis」「進行し続けるもの Work in Progress」の、2つのカテゴリーでREBIRTH PROJECTの挑戦を表現しました。

①人類の変容と、REBIRTH PROJECTの軌跡
これまでの人類の歴史・変容を踏まえながら、
現代に生きるリバース・プロジェクトの取り組みをプロダクト×アート作品を交えて紹介。

②オフライン「GENKIDAMA PROJECT」
クラウドファンディングサイト「GENKIDAMA PROJECT」のアイデアをその場で募集し、来館者に投票頂くという参加体験型の試み。最も投票を集めたアイデア「GENKIDAMA PROJECT」オンライン上で公開しました。

③REBIRTH PROJECTが描く未来像を映像インスタレーションで紹介
SNSなどによって集められたたくさんの「市民の声」が大きな力となり、未来を変えていく道程を映像によるインスタレーションで表現。

企画・総合監修:伊㔟谷友介 Yusuke Iseya (REBIRTH PROJECT)
プロデュース: KAORIN(REBIRTH PROJECT)
ディレクション:加藤弥生・横田光隆(LOSH Co.,Ltd)
会場構成:平社直樹 (REBIRTH PROJECT)
映像制作:河村大馬 / コバヤシタケル(29970.COM/ETHER.JP)
映像協力:aircord / 明本英男(trive inc.)
主催:コニカミノルタホールディングス株式会社
協力:REBIRTH PROJECT